活性炭「ゼオコール」の製造・販売(粒状・粉末炭)・再生加工や化学工業薬品販売及び濾材の販売を行っています|朝日沪過材株式会社

ホーム 会社紹介
製品開発の基本は、人と地球への優しさです。

今や人々は生活の中にデザイン、カラー、フォルムに加え、人にやさしい環境を求めています。
当社では、どこまで人にやさしくなれるかという視点のもと、情報化・技術革新・個性化の3つをテーマとした製品開発を推進。
情報化の面では、経営資源としてますます大きなウエイトを占める情報をいかに早くキャッチし、その情報の質の選択をいかに正確に行い、限りある資源を追及しています。
また技術革新では、新素材の研究に一層力を注ぐとともに、新プロセスの開発を促進。
さらに個性化の面では、価値観の変化をいち早くとらえることで、製品・サービスに当社独自の”個性”という付加価値を加えていきたいと考えています。
こうした3つのテーマをバランスよくクリアし、個性ある技術を提供することこそ、地球や人にやさしい環境づくりに貢献するものだと確信しています。

次を見つめることが、私たちの社会貢献です。

当社では水と環境、そして焼成事業を通した熱効率の追求をテーマに、地球に、人にやさしい環境の実現に取り組んでまいりました。
常にクリーンな地球を念頭に成長を続ける当社に対し、”次のテーマは?”とご質問をいただくたびに、次の社会が求める製品への開発意欲は増す一方。
永年培ってきたモノを見る確かな目、情報の収集力、そして的確な判断力を武器に、今後もさらなる幸せの実現に向かって進んでいく所存であります。
21世紀という新しいフィールドに焦点を合わせ、すぐれた製品の提供で広く社会に貢献できることを願ってやみません。

代表者 肥田勝正

環境理念

朝日沪過材株式会社は「事業活動の基本は、人と地球へのやさしさ」という経営理念の下、豊な自然に恵まれた岐阜の風土を後世にわたって残すため、当社の事業活動で、地域社会及び地球環境に与える影響が、人類共通の重要問題のひとつであると認識し、継続的に改善しながら環境への負荷を低減し、又、環境汚染の予防を積極的に推進し、地球環境の保全に貢献するため努力します。

環境方針
  1. 環境に関する法規制、及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  2. 産廃量の低減に取組む環境目的・目標を設定し、その達成を目指すとともに必要な見直しを定期的に行い、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  3. 環境保全に関する啓発を通して、高度な技術と設備保全活動による粒状無機材の焼成に起因する環境負荷の低減と地球環境の保全を図るとともに、環境に配慮した事業の推進により、大気汚染、産廃物についての環境汚染の予防を図ります。
  4. 当社の業務に従事する全ての人に対し環境教育を実施するのと、通知文書や掲示でこの方針の周知徹底を図ります。
  5. この環境方針は、当社のホームページならびに会社案内で社内外に公表します。

会社概要

商号 朝日沪過材株式会社
所在地 〒509-5111
岐阜県土岐市肥田浅野双葉町1-1-1
TEL.0572-53-0201(代) FAX.0572-55-4700
創業 1973年5月10日
資本金 6,500万円
代表者 肥田 勝正
取締役 肥田 絹代  肥田 祐輔  鈴木 照夫  磯谷 浩始  萩野 博久  肥田 礼至  白村 勤
取引銀行 商工中金 岐阜支店
十六銀行 土岐支店
大垣共立銀行 土岐支店
岐阜信用金庫 多治見支店
名古屋銀行 多治見支店

事業

  • 活性炭製造販売(粒状・粉末炭)
  • 活性炭の再生加工
  • 化学工業薬品販売及び濾材販売
  • 活性炭・濾材抜出充填工事一式
  • 各種焼成等受託業務
事業案内

所在地

本社

〒509‐5111 岐阜県土岐市
肥田浅野双葉町1丁目1番地の1
TEL:0572‐53‐0201

お問い合わせ

事業所
営業本部 〒509‐5111 岐阜県土岐市肥田浅野双葉町1-1-1
TEL:0572‐53‐0201 FAX:0572-55-4700
品質管理部 〒509‐5115 岐阜県土岐市肥田町肥田2990-1
TEL:0572‐53‐0203 FAX:0572-55-1383
第一製造部
御嵩工場 〒505‐0116 岐阜県可児郡御嵩町御嵩字南山2188-51
TEL:0574‐67‐0101 FAX:0574-68-0250
物流センター 〒509‐5115 岐阜県土岐市肥田町肥田2995
第三製造部
笠原工場 〒507‐0901 岐阜県多治見市笠原町森下1647-504
TEL:0572‐43‐2150 FAX:0572-43-2296
肥田工場 〒509‐5115 岐阜県土岐市肥田町肥田2991
TEL:0572‐55‐6080 FAX:0572-53-0200

沿革

1973年5月 朝日匣鉢鉱業所より分離独立
土岐市泉町久尻25-7に於いて創立
稲津工場 濾過材製造開始
1975年3月 稲津工場 濾過材製造より粒状活性炭再生加工に転換
1975年9月 肥田工場 粉末活性炭再生加工開始
1977年7月 肥田工場 粉末活性炭再生加工より粒状炭再生加工に転換
1983年4月 稲津工場を閉鎖 肥田工場に合併
1984年4月 朝日タイル工業有限会社を吸収合併
1987年4月 資本金1,500万円に増資
1990年9月 FRP事業部開設
1990年10月 強化プラスチック製造開始(肥田工場内)
1991年11月 肥田工場新築
フレコン収納自動倉庫管理開始
強化プラスチック製造部瑞浪工場移転
1992年4月 資本金2,500万円に増資
1996年7月 本社所在地を肥田浅野双葉町に移転並びに本社屋新築
1996年8月 笠原工場開設
1998年1月 品質管理部新築開設
1998年6月 粉末活性炭製造開始
1998年12月 日本エンジ㈱
活性炭ゼオコールの商標及び製造、販売を譲受け業務開始
2000年2月 ISO9001認証取得
2000年3月 グリーンテクノみたけ土地取得
2000年11月 御嵩倉庫完成
2003年5月 食品添加物製造業(活性炭)許可取得(肥田工場)
2003年9月 資本金5,000万円に増資
2005年4月 社団法人 日本水道協会 水道用薬品等
水道用粉末活性炭認証取得
2005年11月 資本金6,500万円に増資
2006年1月 ISO14001認証取得(笠原工場)
2007年12月 御嵩工場完成
2007年12月 食品添加物製造業(活性炭)許可取得(御嵩工場)
2008年3月 御嵩工場稼働開始
2009年10月 FRP事業を営業譲渡
瑞浪工場を活性炭倉庫及びローリー充てん場開設
2010年7月 肥田工場にマルチ雰囲気炉(1,600℃)導入
2011年6月 御嵩工場二次加工工場完成
2013年2月 瑞浪工場閉鎖
肥田工場を活性炭倉庫及びローリー充てん場開設
2013年8月 御嵩工場に太陽光発電設置